逢坂の雑記帳

道化の秘学帳

雑学と都市伝説と勉強の備忘録

スポンサードリンク

3億円事件によって変わったこと

スポンサードリンク

はじめに

みなさんどうもこんにちは。

今回は3億円事件について書いていきます。

3億円事件はテレビでもたくさん取り上げられて、有名な事件ですよね。

奪われた現金は、当時で約3億円(正確な金額は2億9430万7500円)ですが、現在の貨幣価値に換算すると、約20億円~30億円にもなると言われています。

大卒の初任給が3万円だったので、当時の国民からすれば、3億円というのは途轍もない金額だということが想像できるかと思います。

3億円事件とは



ラルト
「ねえ博士、3億円事件ってなに?」



博士
「三億円事件は、東京都府中市で1968年12月10日に発生した、窃盗事件じゃ。

三億円強奪事件ともいわれるぞ。

1975年(昭和50年)12月10日に公訴時効が成立し未解決事件となったのじゃ。」

3億円事件の流れ

1968年12月10日午前9時15分、東京芝浦電気(現:東芝)従業員のボーナス(約3億円)を積み込んだ日本信託銀行の行員4人を乗せた現金輸送車(黒いセドリック)が国分寺支店を出発し、東芝府中工場へ向かう道中で事件が発生。

午前9時20分頃、府中刑務所の外堀沿いを走行していると、後方から白バイに乗った警察官が現金輸送車の前方に回りこみながら、停車を促して白バイから下車。

そのまま運転席の窓に走り寄って、「この車に爆弾が仕掛けられている。車を調べるので全員降りて下さい」と警察官が告げた。

運転席に座っていた行員は「昨日、車内を調べたときには何もありませんでしたが」と返答。

白バイ警官は「では、車の外を調べてみます」と言い、タイヤ周りを調べ、フロントの辺りを調べだした。

現金輸送車に乗っていた4人は不安になり車外に飛び出してきた。

警察官が車体の下に潜り込んだとき、「爆弾があった! 危ない、爆発するぞ! 下がれ!」と4人に向かって叫んだ。その声と同時に、車体の下部から白い煙が立ち昇りはじめる。

行員4人が慌てて車から離れると、警察官は運転席に乗り込み、そのまま走り去る。

ここまでの経過時間は、わずかに3分ほど。

現金を奪った犯人は、現場の近くで別の車に現金の入ったジュラルミンケースを乗せ替え逃走。

これ以降、現金を奪った犯人の行方が分からないまま、事件発生から7年後の1975年12月10日午前零時、時効が成立した。

このような感じで、3億円事件は完全犯罪という形で幕を閉じました。

犯人の鮮やかな手口

もちろん、盗みは良くないことです。

しかし、当時の人は、犯人のことをカッコいいと思っていたそうです。

犯行において、被害者を1人も出さなかった点は評価できる点です。

警察の対応

警察の捜査は十分なものだったのでしょうか?

この問いにイエスと答えられる人は少ないと思います。

しかし、警察はやれることは全てやったと言っています。

初動捜査がずさんであるとか、モンタージュ写真が別のものだとか、様々な批判がされていますが、どうなんでしょうかね。

今では、モンタージュ写真ではなく、手書きの似顔絵が採用されているようです。

3億円事件により、給料は振込になった。

事件当時、給料は現金払いでした。

しかし、3億円事件により、給料は口座に振り込まれるようになりました。

これは銀行にとっても良いことでした。

振込ということは、給料日まで、お金を銀行においておくことができます。

それにより、銀行は他の企業にたくさんお金を貸し出すことができたのです。

3億円事件についてのつぶやき


まとめ

3億円事件について、詳しく知りたい方は下の本を読むといいと思います。

真犯人―「三億円事件」31年目の真実

真犯人―「三億円事件」31年目の真実

三億円事件と伝書鳩 1968~69

三億円事件と伝書鳩 1968~69

雨の追憶図説三億円事件―真相究明ガイドブック

雨の追憶図説三億円事件―真相究明ガイドブック

最後に

最後まで読んでいただきありがとうございます。m(._.)m

↓おすすめドメイン↓
お名前.com

にほんブログ村に登録しています。

クリックしていただくと、今後の励みになるので、よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事を気に入ってくださった方は、読者登録、SNSでの拡散、ブックマークなどをして頂けると嬉しいです。

ではまた次の記事でお会いしましょう。

Copyright © 2017 道化の秘学帳 All rights reserved.