逢坂の雑記帳

道化の秘学帳

雑学と都市伝説と勉強の備忘録

スポンサードリンク

引き寄せの法則について書いてくよ

スポンサードリンク

はじめに

みなさんどうもこんにちは。

突然ですが、引き寄せの法則って知ってます?

ちょっと胡散臭いですけど、これだけ有名になるってことは、本当に効果があるのかも?

一応知っておいて損はないですね。

今回は引き寄せの法則について書いていきます。

他にも都市伝説の記事を書いております。

ぜひご一読ください。

引き寄せの法則とは



ラルト
「ねえ博士、引き寄せの法則ってなに?」



博士
「何か楽しいことを考えると法則によって同じように楽しい思考が沸き起こり、不快なことを考えると次々と不快な考えがふくらんでしまうじゃろ?

それが、「引き寄せの法則」じゃ。」

引き寄せの法則のやり方

具体的にイメージする

引き寄せの法則において知っておきたいことの1つに「意識的に思っていることよりも、無意識に思っていることが実現する」ということがあります。

運がいい人というのは、「自分は運がいいな」と無意識のうちに思っているので、どんどん幸運が引き寄せられていきます。

否定形は使わない

願い事をするときには否定形では絶対に行わないようにして下さい。

否定の形では、運の流れまでマイナスの方向に引き寄せてしまう可能性があるのです。

○○になりますように、はNG

引き寄せの法則では、自分の思考と言葉が重要です。

引き寄せの法則を使って、何かお願い事をする時、お願いの「言葉」の選び方にコツがあります。

そのコツとは、「すでに、そのお願いが叶っている状態の言葉でお願いをする」ということです。

たとえば、「私が欲しかった洋服が手に入りました。」「理想の人に出会い結婚しました」「行きたかった○○へ旅行に行きました」「仕事のプロジェクトに成功しました」というように、現在完了形で言葉にするのです。

現在完了形で言葉にするのです。

信じること

引き寄せの法則では、自分の信じていることがそのまま現実として引き寄せられます。

例えば、寝る前にベッドの中で「明日は一日、疲れたと言わない」「今夜良い夢を見られる」ということを信じます。

また、具合が悪いときに「最高の気分で過ごす」と信じるのは難しいと思えるので、「今から少しずつ調子が良くなる」というように信じます。

「今の自分が信じられること」を信じるようにすることがポイントです。

最初から信じられそうにないことを無理に信じようとするのではなく、信じられることから少しずつ信じてみましょう。

そして、それを一か月続けてみて下さい。習慣にしてみると、自分のでも大きな違いがわかるはずです。

実際にかなった時の気持ちになる

願いを叶え、欲しいものを手に入れ、充実した毎日を過ごしているとします。

もしそうなったら、その時の「最高の状態の自分」は、毎日どのような振る舞いをしているでしょうか?

今と変わらないと思いますか?きっと違うと思います。

自分に自信をもつ

叶えたい願いがある時、他人の意見に左右されやすい人は、自分一人で願いの実現に向けて動いたほうが懸命といえます。

なぜなら、それが自分にとって良い情報ばかりではないからです。それならば、第三者のマイナスな意見をわざわざ聞くことはないと思いませんか?自分が叶えたいことを否定されたとしても、それは『その人にとっては、できないこと』であるだけです。

感謝する

引き寄せの法則において「感謝」はかかせません。 うまくいかない時でも、とにかく「感謝すること」をおすすめします。

人は自分の思うようにならない時、いらいらし、嫌な気分になります。

そういう気持ちになった時こそ、一度リラックスして、感謝の心を感じる時間を持つことが大事です。

引き寄せの法則についてのつぶやき


まとめ

個人的な感想としては、あまり引き寄せの法則という考えに頼りすぎず、最後の最後で引き寄せの法則を使ってみるというのが良いのではないかと思います。

中には胡散臭い宗教チックな教祖様気取りのやからもいますので、気をつけてくださいね。

引き寄せの法則 (講談社文庫)

引き寄せの法則 (講談社文庫)

  • 作者: マイケル.J・ロオジエ,石井裕之
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2012/04/13
  • メディア: 文庫
  • 購入: 3人 クリック: 19回
  • この商品を含むブログを見る

詳しく知りたい方は上の本を読むといいと思います。

最後に

最後まで読んでいただきありがとうございます。m(._.)m

↓おすすめドメイン↓
お名前.com

にほんブログ村に登録しています。

クリックしていただくと、今後の励みになるので、よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事を気に入ってくださった方は、読者登録、SNSでの拡散、ブックマークなどをして頂けると嬉しいです。

ではまた次の記事でお会いしましょう。

Copyright © 2017 道化の秘学帳 All rights reserved.