逢坂の雑記帳

逢坂の雑記帳

日常に役立つかもしれない雑学を書いてます。

スポンサードリンク

戦の名称区別

スポンサードリンク

はじめに

どうもこんにちは逢坂です。
今回は、戦の名称区別について書いていきます。

戦の名称区別

  • 「戦・戦い・合戦」 … 戦争を表す時に一般的に用いられるものです。

(例:桶狭間の戦い。関が原の戦い、関が原の合戦。)
この3つは特に区別が無くどれを用いても同じ様です。

  • 「乱」 …… 戦の中でも特に朝廷や幕府に対しての反乱に用います。

(例:平将門の乱。大塩平八郎の乱)
ただし、反乱ではなく全国規模の大きな争乱を「乱」と表記する場合もあります。
(例:応仁の乱。)

  • 「変」 …… 戦の中でも政治的な変革を起こした・企てたた時に用いられます。

特に局地的な武力行動で政変・政治的変革を起こす場合が多いようですが、
必ずしも武力衝突(戦闘行為)が起きたとは限りません。
(例:応天門の変。本能寺の変。禁門の変。)

  • 「役」 …… 戦争のこと。一部、「外国・辺境地での戦争」と限定された説明がなされる事もあります。

しかし、国内・畿内での戦でも用いられるので、そういった限定な意味合いは無いでしょう。
(例:対外国の場合:文永の役・弘安の役。)
(例:辺境地での戦争:前九年の役。)
(例:国内中心部での戦争:大坂の役。)

  • 「陣」 …… 陣を張るという事から転じたものか?

局地的な戦闘、城攻め等に用いられる様です。
(例:大坂夏の陣。大坂の役。)

  • 「事変」 … 歴史用語としては主に明治以降で用いられます。

本来、警察や治安維持の機構では収めきれなくなり、軍が介入する様な事件を指しますが
正式な手続きをとらないで始まった戦争・武力衝突(宣戦布告無しで開戦)などに用いられます。
(例:上海事変。日華事変。)

最後に

もしよろしければ、スター、読者登録をよろしくお願いします(╹◡╹)


Copyright © 2017 逢坂の雑記帳 All rights reserved.