逢坂の雑記帳

逢坂の雑記帳

日常に役立つかもしれない雑学を書いてます。

スポンサードリンク

国民所得と経済成長について

スポンサードリンク

 

はじめに

f:id:erueru1567:20170531174243j:image

大学受験の範囲で、政治経済分野の用語解説を書いていきます。

用語解説

ストックある一定時点に存在する資産・負債の残高をいう

フロー
一定期間に生産された、財やサービスの額

GDP(国内総生産)
1年間に国内で生産された粗付加価値の合計額である。
GDP=国内での生産総額-中間生産物の価額
GDP=GNI-海外からの純所得

GNP(国民総生産)
国民(居住者)が1年間に生産した粗付加価値の合計額である。
GNP=国民の生産総額-中間生産物

中間生産物とは
最終生産物を生産するために使用された、原材料や半製品、燃料などのこと。
GDPとGNPの計算に用いる

GNI(国民総所得)
GNPを分配面からみたもの。
三面等価の原則からその額はGNPと等しい
GNI=GDP+海外からの純所得

海外からの純所得とは
国民(居住者)が海外の生産活動で得た雇用者報酬や利子・配当などの所得(海外からの所得)から外国人(非居住者)が国内の生産活動で得た所得(海外に対する所得)を差し引いた額
海外からの純所得
=海外からの所得-海外に対する所得

NNP(国民純所得)
国民(居住者)が1年間に生産した粗付加価値の合計額である。
NNP=GNP-固定資本減耗(減価償却費)

減価償却費とは
古くなっていく機械の修理(買い替え)費用

NI(国民所得)
NNPから間接税を差し引き、政府の補助金を加えて求められる
NI=NNP-間接税+補助金

まとめ

経済分野は理解をすればしっかり点数が取れます。頑張りましょう!

Copyright © 2017 逢坂の雑記帳 All rights reserved.