逢坂の雑記帳

逢坂の雑記帳

日常に役立つかもしれない雑学を書いてます。

スポンサードリンク

Lancers(ランサーズ)って稼げるの?なぜ評判がブラックなのか?デメリットについてもまとめてみた。

スポンサードリンク

はじめに

どうもこんにちは逢坂です。


今回はランサーズについて書いていきます。

ランサーズとは

クラウドソーシング「ランサーズ」は
日本最大級のお仕事マッチングサイトです。


依頼件数は140万件を超え、
総額1130億円以上の仕事が依頼されています。


エンジニア・デザイナー・ライター向け案件を中心に、 常時1000件のお仕事が登録されており、 フリーランスや在宅ワーカーが数多く活躍中です。


≪依頼されている仕事≫

  • Webシステム開発
  • スマホアプリ開発
  • ホームページ制作
  • ロゴ作成
  • イラスト制作
  • 記事制作、ライティング
  • その他、141の仕事カテゴリ


登録はカンタン30秒!
無料登録ですぐにお仕事を始められます!


公式サイトはこちら💁‍♂️
ランサーズ

ランサーズの評価



おすすめ度 4.0点/5.0点
サイトの種類 在宅ワークサイト
レート 現金制
最低換金額 1000円
ポイント交換先 現金制
振込手数料 100円(楽天銀行)
PC、スマホサイト 両方対応
アプリ 無し
紹介制度 アリ
運営会社 ランサーズ株式会社

公式サイトはこちら💁‍♂️
ランサーズ

ランサーズはこんな人におすすめ

<発注側>

企業内で下記のようなニーズを持った人が対象です。

  • 独立/開業時の人手不足を解消したい
  • メディア運営/立ち上げにライターリソースが欲しい
  • 制作案件を切り出したいマーケター
  • 販促/集客に必要な制作物を発注したい
  • 事務代行をお願いしたい

<受注側>

お仕事を受けたいと思っている様々な方が対象です。

  • 副業をはじめてみたい
  • 独立したばかりでお仕事がほしい
  • 家計の足しにお小遣い稼ぎをしたい

ランサーズのおすすめポイント

ランサーズは日本最大級の在宅ワークサイトです。募集しているお仕事は数えきれないほどあります。


簡単な記事作成やデータ入力のお仕事だけでなく、デザインやプログラミングといったプロが受注するお仕事も紹介されているくらい、数多くのお仕事が掲載されています。


「ランサーズ 2ch」、「ランサーズ 危険 トラブル」といったキーワードで検索する方がいるようですが、ランサーズは安全でしっかり稼げる在宅ワークのクラウドソーシングサイトです。


会員数は35万人以上、依頼総額は290億円以上!


会員数やお仕事の依頼総額が非常に多く、だれでも安心して稼ぐことができるクラウドソーシングの在宅ワークサイトです。


幅広い分野のお仕事をすることができる!


スキルを必要としないデータ入力、記事作成といったお仕事から、システム開発、デザイン、翻訳といったプロ向けのお仕事まで、豊富な種類のお仕事を受注することができます。


そして仕事の掲載数が非常に多い!


「クラウドソーシングといえばランサーズ」というくらい有名なサイトですから、掲載されている仕事の数は非常に多いです。


クラウドソーシングという言葉は聞いたことあっても
利用・導入には不安を感じる方がいらっしゃいます。

ランサーズはきちんと利用方法を事前に理解すれば、月数十万円稼ぐ事もできるサービスです。


ランサーズは日本初のクラウドソーシングサービスとして、安心・安全のサポート体制が充実しているので、まずはお気軽にご登録・お問い合わせいただくようご紹介いただければ幸いです。


公式サイトはこちら💁‍♂️
ランサーズ

ランサーズの主なお仕事



ここで紹介しているお仕事の種類は、ほんの一部です。


日本最大級の在宅ワークサイトだけあって、非常に多くの種類のお仕事を受注することができます。


少しお仕事を探してみると、やれそうなお仕事がきっと見つかるはずです。

ランサーズのお仕事(求人)の形式、違い

ランサーズにはお仕事の種類として、プロジェクト形式、コンペ形式、タスク方式、の3種類があります。

プロジェクト形式

プロジェクト形式とは、お仕事の依頼先と1対1で契約してお仕事を受注するお仕事の種類です。


案件に応募し、条件交渉を行った後に、契約を結びお仕事を行います。


長期間に渡るお仕事の依頼や成果物を細かく作りこむような、開発の案件・ホームページ作成・記事ライティングなどのお仕事が多いです。


「ホームページの作成で10万円」といったように、成果物を納品して報酬をもらいます。


プロジェクト形式のお仕事は契約が長期にわたることが多いので、仕事内容や報酬についてしっかりと依頼先と打ち合わせを行うことが重要です。


アプリの開発やホームページの作成といったプロ向けのお仕事が多いので、在宅ワーク未経験の方はタスク形式のお仕事から始めることをオススメします。

コンペ形式

コンペ形式とは作業者(メンバー)が提案をし、お仕事の依頼先が複数の提案の中から1つの作品を選び、採用(契約)されれば報酬をもらえるお仕事の種類です。


ロゴマークやホームページのデザインといったお仕事が多いです。


コンペ形式では、「ロゴマークのデザインで5万円」といったお仕事に対して、実際にロゴをデザインして提案をします。


大勢のメンバーから提案あるため、たくさんの提案の中から1つの採用作品を依頼先は選ぶことになります。


自分の提案が採用されなかった場合は、報酬は0円になってしまうので注意が必要です。

タスク形式

タスク形式とは、メンバーが簡単なデータ入力や記事作成といった作業を行い、最後に依頼者が作業を行った成果物を承認すれば報酬をもらえます。


400文字程度の記事作成やデータ入力といった、特別なスキルを必要としない簡単なお仕事が多いです。


ブログで使うような「アメリカ旅行のオススメ都市に関する400文字の記事作成で100円」といったお仕事に対して、作業を行い、納品後に依頼者が確認を行い承認すれば報酬がもらえます。


簡単なお仕事とはいえ、雑な仕事であれば非承認になって報酬がもらえないこともあるので注意しましょう。


タスク形式のお仕事は、特別なスキルを必要としない簡単なお仕事が多く、主婦のバイトやサラリーマンの副業として多くの方が利用しています。


私も在宅ワークを始めて行った時は、タスク形式の記事作成やデータ入力から始めました。


公式サイトはこちら💁‍♂️
ランサーズ

ランサーズの稼ぎ方

ランサーズはとにかく掲載されているお仕事の数が多く、タスク形式のデータ入力や記事作成のお仕事が他の在宅ワークサイトよりもたくさんあります。


簡単な記事作成のお仕事で100円〜200円、アンケートに答えるだけのお仕事で50円〜80円稼ぐことができます。

1日の収入は?

私は1時間半くらい空き時間がある時にタスク形式のお仕事をやります。


500文字くらいの記事作成を2件、アンケートを1件行うと550円くらいの収入になります。


「たった550円?」と思うかもしれませんが、空き時間を使って毎日コツコツ続ければこのペースでも1ヶ月で15,000円以上稼ぐことができます。


ランサーズなら豊富なお仕事の中から条件のいいものを選ぶことができるので、空き時間を有効に使って稼ぐことができます。

プロフィールを登録しよう

自己PR文、学歴、職歴、資格やスキルといったプロフィールは必ず登録しましょう。


ランサーズでのお仕事はPCを使ったものがほとんどです。


PCの環境やスキル、使用可能なソフトなどをPR文に入力すれば、発注者が参考にしてくれるため、お仕事が受注しやすくなります。

スキルテストを受けよう

ランサーズにはデザインで使うソフトやプログラミングの言語のスキルをチェックするテストがあり、テストを受けることによって自分のスキルを受注者にわかりやすくアピールすることができます。


プロ向けのスキルテストだけでなく、ライティングのスキルテストもあります!


プロジェクト形式などでライバルと競争する場合は、スキルテストを受けて自分のスキルを受注者にアピールしましょう!


ランサーズのシステム利用料(手数料)
ランサーズではお仕事の報酬の支払い時に、システム利用料として5%〜20%が報酬から差し引かれます。


高いように感じるかもしれませんが、在宅ワークサイトでは標準的な価格です。


システム利用料はお仕事の単価によって異なるので注意しましょう。


システム利用料
20万円超のお仕事 5%
10万円〜20万円のお仕事 10%
10万円未満のお仕事 20%

公式サイトはこちら💁‍♂️
ランサーズ

クラウドワークスとの違い、比較

クラウドソーシングサイトで有名なクラウドワークスとの違いは、ほとんどありません。


報酬の最低支払金額が、以前はランサーズのほうが高く設定されていましたが、現在は同じ1,000円です。

在宅ワークのやり方

タスク形式のお仕事だと、1記事100円といった単価の低いお仕事が多いです。
400文字くらいで短い記事といっても、最初は大変です。


最初はできるだけ最低支払金額が低いクラウドで、まずは記事作成を体験することをオススメします。


クラウドは、ポイントサイトのげん玉とポイントを共有しています。


記事作成が嫌になっても、無料メルマガの登録などでポイントを稼ぐことができます。


クラウドなら、記事作成が嫌になったとしても、稼いだポイントをムダにすること無く換金できます。


クラウドワークスやランサーズだと、記事作成が嫌になっても最低支払金額にになるまで、記事作成を続けないといけません。


せっかく働いたお金をムダにしたくないけど、嫌になった記事作成を続けるのも大変です。


クラウドなら、もし記事作成が嫌になったとしても、他の方法でポイントを稼げば換金できます。


詳しくは、クラウドの評判の解説ページを見てください。

公式サイトはこちら💁‍♂️
ランサーズ

ランサーズの報酬受取先

ランサーズで稼いだ報酬は全国の金融機関で換金することができます。


楽天銀行なら手数料が100円と非常に低く設定されているのでオススメです。


交換先 楽天銀行
最低振込金額 1000円
手数料 100円
交換期間 15日締め当月末

交換先 楽天銀行以外の金融機関
最低振込金額 1000円
手数料 500円
交換期間 15日締め当月末

公式サイトはこちら💁‍♂️
ランサーズ

ランサーズを紹介して稼ぐ



ランサーズを紹介して友達が新規会員登録したり、ランサーズで仕事を依頼すると紹介報酬がもらえます!


友達が新規会員登録をして1ヶ月以内に作業が承認されたり、1ヶ月以内に仕事を依頼してキャンセルすることなく仕事が完了すれば、紹介ボーナスがもらえます。


公式サイトはこちら💁‍♂️
ランサーズ

ランサーズのデメリットについて




なぜ評判がブラックなのか

クラウドソーシングにはメリットも多くあるものの、”ブラックな一面”があります。


検索窓に「ランサーズ」と打つと、「ランサーズ ブラック」などと予測キーワードが出るくらいです。


他の単語で検索しても、「安い」「単価低い」などのネガティブワードが見受けられます。

ライティングの単価が低い

単価の低さが特に問題視されているのは、「記事執筆・ライティング」の仕事です。


すでに会員登録している人は実際に募集を出している依頼を見てみれば分かりますが、【800文字の記事作成:200円】や【1500字の記事作成:500円】、ひどいと【単価100円】といった仕事募集が山のように並んでいます。


ライター経験のある人は分かると思いますが、この報酬ははっきり言って低すぎます。


1文字あたり0.5円を下回るものは、報酬が低いと言えるでしょう。


記事のライティングは、キーボードを打つ作業だけではありません。


記事のテーマを吟味し、リサーチをし、構成を考え、そして実際に文字を打ち始めます。この行程全てを「ライティング」と言います。


この仕事に対して報酬が200円なんて、時給に換算すれば恐ろしい結果になりますよね。


なぜブラックな(報酬の低い)仕事が蔓延しているのか?


『それでも仕事を受けてしまう人がいるから』です。

ブラックな仕事依頼の対策

ブラックな仕事依頼は眼中に入れなければ良いだけの話です。


確かにブラックは目立ちますが、言っても一部の話です。


全体でみれば正当な報酬を払ってくれるまともな仕事の方が多いでしょう。


そして何よりも、仕事を選ぶ権利は常にフリーランサー側にあります。


ブラックな仕事に応募しないようにしましょう!

公式サイトはこちら💁‍♂️
ランサーズ

まとめ

ランサーズは小遣い稼ぎ程度に考えておいたほうがよさそうですね。


ブラックな案件も多いので、仕事量と報酬をうまく見定めて、お得な案件からやっていくのが一番良いと思います。


ブラックな案件を除いて、普通にタスクをこなせばそこそこは稼げるので、ランサーズを始めてみても損はないかと思います。


最後に

最後まで読んでいただきありがとうございます。m(._.)m


にほんブログ村に登録しています。

クリックしていただくと、今後の励みになるので、よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


この記事を気に入ってくださった方は、読者登録、SNSでの拡散、ブックマークなどをして頂けると嬉しいです。

Copyright © 2017 逢坂の雑記帳 All rights reserved.