逢坂の雑記帳

逢坂の雑記帳

日常に役立つかもしれない雑学を書いてます。

スポンサードリンク

問題演習の大切さ

スポンサードリンク

はじめに

どうもこんにちは逢坂です。



今回は、問題演習の大切さについて書いていきます。




問題演習してますか?

大学受験や他の資格試験にとっても問題演習はとても重要な役割を持っています。



なせなら、試験は問題だからです。



問題演習を積まないとできない問題、ただ公式を暗記していても、問題演習をしなければ身につきません。
問題演習をすることで、頭に知識の使い方を慣らしていくのです。


復習の大切さ

しかし、ただ新しい問題ばかりやっても意味はありません。



人間は忘れる生き物です。



僕が思うには3回以上類題をこなすことで、完璧に理解したと言えるでしょう。



復習をしないと、次の模試で同じような問題を見たときに、また同じミスをしてしまいます。



これではせっかく問題演習した意味がありません。



例えるなら、調理用具のザルとボールです。



水を入れたとき、ボールだと水が溜まりますが、ザルだと水が全部流れていってしまいますよね?



それと同じです。



つまり、定期的に類題をこなして復習をしないと、せっかく問題演習をやっても水の泡だということです。


傾向の似た問題が出る可能性がある

二次試験やセンター試験の過去問を解いていると、たまに、あれ?この問題見たことあるぞ?



とかこの選択肢はこの前やった問題に出てきたやつだ!とかありますよね?



つまり、問題演習を積んでいる人とそうでない人では、大きな差が開くと言えるでしょう。



見たことのある問題って、結構解けますよね?


最後に

もしよろしければ、スター、読者登録をよろしくお願いします(╹◡╹)

Copyright © 2017 逢坂の雑記帳 All rights reserved.