逢坂の雑記帳

逢坂の雑記帳

日常に役立つかもしれない雑学を書いてます。

スポンサードリンク

【都市伝説】サザエさんのちょっと怖い都市伝説

スポンサードリンク

はじめに

どうもこんにちは逢坂です。


今回はサザエさんの都市伝説について書いていきます。

タラちゃんにはもう一人兄弟がいる

アニメ版しか知らない人はわからないと思いますが、タラちゃんには実は妹がいます。


名前は「ヒトデちゃん」といい、タラちゃんとワカメに似た風貌の女の子です。


原作では10年後に登場するであろう人物なので、今後もアニメでは登場する機会はないと思われます。


気になるのであれば、ぜひ原作を手に取ってみることをおススメします。

サザエさんは前妻の娘だった

サザエとカツオの年齢差には、こんな話もあります。


サザエさんはフネの娘ではなく、波平の連れ子だったというものであります。


つまり波平とフネは再婚ということになり、カツオとワカメはその後生まれた子供なのです。


そうすると、歳の差が大きく開いていても不思議ではないですよね。


なにしろ異母きょうだいなのですから。


ちなみに作中でも、波平がフネを連れて前妻の墓を訪れている話があります。


つまりほぼ確実にフネと血が繋がっていないのだろうことは確実です。


余談ですが、フネがワカメを出産した年齢は43歳であり、なかなかの高齢で出産したことになります。

サザエさんには弟がいた?

サザエさんにはカツオ、ワカメの二人の弟妹がいるのだが、実はそこにもう一人兄弟がいたという都市伝説があります。


その人物はサザエさんの後、そしてカツオより早く生まれているとされています。


不思議に思ったことはないでしょうか?


サザエさんとカツオ、ワカメの二人の歳が妙に離れていることになります。


居たとすれば長男に当たるその人物は、しかしサザエさんには登場しておりません。


実はその彼は、戦争で徴兵されてしまい、亡くなってしまったのです。


サザエとカツオの間にある大きな歳の差は、そこにもう一人兄弟がいたとすれば納得できるでしょう。


しかし本当に戦時中に亡くなったためか、はたまた本当にそんなキャラクターがいたかどうか、真相は闇の中です。

タラちゃんとワカメに薬物疑惑!?

国民的な番組であるサザエさんに都市伝説とは言え、薬物疑惑というのは何とも物騒ではありますが、疑われているのはワカメとタラちゃんです。


子供二人が使用したと言われている薬物というのが、ヒロポンですが、これはかつて披露倦怠感を除く薬物として戦前から販売されていたものです。


依存してしまうという副作用が見つかるまでは至って普通に使われていたヒロポンですが、これが伊佐坂家にあり、それをワカメとタラちゃんが飲んだのではないかという疑惑になっています。


ただし、この都市伝説で言われている物語では、はっきりとサザエさん一家の話だとは描かれていません。

伊佐坂家を舞台にした物語であり、子供たちもワカメやタラちゃんではない可能性もあります。


しかし、あまりにも姿が酷似しているため、都市伝説のようにヒロポンを飲んだのではないかという話になっています。

かつては至って普通に使われてたとは言え、あまりにもサザエさんの時代を感じさせるエピソードです。

サザエさん一家の最後

歳をとらない設定で長年放映されているアニメ版ですが、やはりいつかは終わりが来るのでしょう。


そしてそれに関係した都市伝説も存在しています。


サザエさん一家は海に関係した名前をそれぞれつけられています。


そして彼らが最後に終わりを迎えるのも「海」だと考えられています。


アニメ最終回では、ハワイ旅行が当たった一家が飛行機に乗って旅行に出かけますが、その最中飛行機が海に墜落してしまうらしいです。


そしてそれぞれ名前の通りの生物などになり、海に還っていきます。


たとえば波平は海の波に、フネは船、貝のサザエ、魚のカツオ…といった感じです。


何とも悲しい話でありますが、しかしこれくらいでないとサザエさんという話は終われないだろうという気もします。


都市伝説なので本当にこういった放送がされるかは何とも言えませんが、いつか終わるとしたら本当にこうなってしまうのかもしれません。


ちなみにハワイ旅行をゲットしたのはカツオだったりします。


様々なトラブルを引き起こしがちな彼らしい所業でしょう。

最後に

最後まで読んでいただきありがとうございます。m(._.)m


にほんブログ村に登録しています。

クリックしていただくと、今後の励みになるので、よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


この記事を気に入ってくださった方は、読者登録、SNSでの拡散、ブックマークなどをして頂けると嬉しいです。

Copyright © 2017 逢坂の雑記帳 All rights reserved.