逢坂の雑記帳

道化の秘学帳

雑学と都市伝説と勉強の備忘録

スポンサードリンク

センター試験の倫理政治経済で86点を取った方法

スポンサードリンク

はじめに

みなさんどうもこんにちは。

今回は、大学受験で役立つ、政治経済のおすすめ参考書について書いていきます。

政治経済集中講義


僕が最もおすすめする参考書がこれです。

政治経済をセンターでしか使わない人でも、私大受験者でも、学力を十分に伸ばすことのできる良書だと思います。

ちなみに筆者はこれを使った結果、政治経済分野で9割とれました!

畠山のスパッわかる政治経済爽快講義


私大向けの参考書ですが、基礎から応用まで、幅広く網羅してると思われます。

この一冊を完璧に理解することができれば、難関私立大学にも十分、対応できると思います。

筆者は、代ゼミでこの畠山先生の授業を受けておりまして、相対的でわかりやすい、記憶に残りやすい講義をしてくれました!

陰山のセンター政治経済パワーアップ版


この先生も代ゼミの実力講師です。

この参考書は、説明がわかりやすく、情報量が多いです。

近年の政治経済では、難しい理解問題が増えてきてます。

特に経済分野の理解は難しいと思います。

しかし、他の受験生と差がでる分野ですので、失点しないためにもオススメですよ。

政治経済用語集


難関私大受験者は必携の参考書ですね。

一橋大学を倫理政治経済で受験しようと考えている方は、この参考書がかなり役立つと思います。

わからない用語があったら、すぐ調べるという癖をつけておくことは凄く重要なことです。

この用語集に出ていない問題は、ほとんどの人が点数を取れないと思います。

倫理政経面白いほどシリーズ


国公立大受験者の多くは、センター倫理政経で受験をすると思われます。

正直、あまり倫政に時間をかけたくないでしょう。(特に理系の皆さんは)

そういう方むけに、オススメなのがこの参考書です。

一通り読むことで、自然と知識が身についていくと思います。

短期間での、成績向上に繋がると思います。

注意事項

センター試験でのみ、政治経済を受験する方は、政治経済集中講義と、面白いほどシリーズをやりこめば、十分高得点が見込めると思います。

国際政治や紛争の分野は、高校でも授業が終わるか終わらないか程度だと思います。

しかし、センターでの配点はかなり高いので、注意が必要です。

時事問題に関しては、センター受験年の4年前頃から遡れば対応できるのではないかなというふうに思います。

勉強法(体験談)

私はセンター試験当日、倫理政治経済で86点を取りました。

目標は90点でしたので、目標には届きませんでしたが、概ね満足のいく点数を取ることができました。


勉強法ですが、私は参考書を何度も何度も繰り返し読むことで、知識と理解を深めていきました。

多分20回くらいは、同じ参考書を繰り返し読んでいたと思います。

勉強で一番重要なのは復習です。

特に今の大学受験は暗記で突破できる部分が多いです。(文系)

ですので、復習を重点的に行いましょう!

最後に

にほんブログ村に登録しています。
クリックしていただくと、今後の励みになるので、よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最後まで読んでいただきありがとうございます。m(._.)m

この記事を気に入ってくださった方は、読者登録、ツイッターでの拡散、ブックマークなどをして頂けると嬉しいです(╹◡╹)

Copyright © 2017 道化の秘学帳 All rights reserved.