逢坂の雑記帳

逢坂の雑記帳

日常に役立つかもしれない雑学を書いてます。

スポンサードリンク

相手の嘘を見抜く方法

スポンサードリンク

はじめに

どうもこんにちは逢坂です。

嘘はトラブルの元ですが、人間である以上、嘘をついてしまうことがあります。




そして、相手の嘘を見抜くことができれば、これからの人生、少し楽になると思います。




今回は相手の嘘を見抜く方法について書いていきます。


相手の目を見る


その簡単な方法とは、相手の目を見つめるという方法です。




目は口ほどにものをいいます。




相手の目を見てしまえば、相手の心理がわかってしまうのです。




普通の人であれば、嘘をつくときに人は右側、または右上を見ます。




この右を見るという行為についてですが、何かを想像したりするとき、人は右を見る習性があるのです。




ということは、真実ではなく、嘘の話を想像しながら、作り話をしていることがわかります。




逆に左を見ている時は、過去の記憶を辿っているという証拠なので、真実を話している事が多いです。




しかし、左から右の順番で目線が動いた場合は注意が必要です。




それは、まず過去の経験を思い出して、嘘をついたらどうなってしまうのかを考え、その後、作り話をしている可能性が高いからです。




とりあえず、相手の目を見つめて、話している最中に右を向いた場合は要注意です。




人は嘘をつく時、罪悪感が生まれアイコンタクトを避ける傾向が有ります。




目を合わさないようにしていると思える仕草をみられば相手が嘘をついた可能性があります。




目元や視線を見れば、大体の人の感情、心理状態がわかる。



例えば、視線が左上へ向いている場合はビジュアルイメージを頭の中で浮かべている、見た事の無いものを想像している可能性が高いとされている。

仕草で見抜く

手で顔や口、のど、あごを隠す仕草をみせます。



鼻や耳の後ろ、肩をこする、触る動作が増える。その理由は人は嘘をつくと嘘が相手にばれないように顔や口元を隠したくなります。




また、嘘がばれてしまうんじゃないかという心配がストレスとなって伸しかかるのでほぐそうとして肩や耳の後ろを触ります。



体の動き、反応が全体的遅くなる。嘘をついたという罪悪感、




見つかってしまうんじゃないかという心配で頭がいっぱいになり他の事に無関心状態になるので体の反応が遅くなる傾向があります。


笑顔について

相手の愛想笑いや嘘笑いを見抜く方法についてです。




人が笑う時には、顔のパーツに動く順番があります。




本気で笑っている場合は、まずは口が笑みを浮かべます。




そして、少し遅れて、目も笑います。




これは、人間の表情の動きとして、自然とそうなってしまうものらしいです。




愛想笑いや嘘笑いだった場合は、口は笑っているが目は笑っていない。




または、口と目が同時に笑顔を浮かべているということが多いです。




目が笑っていない人は注意です。

最後に

にほんブログ村に登録しています。
クリックしていただくと、今後の励みになるので、よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最後まで読んでいただきありがとうございます。m(._.)m

この記事を気に入ってくださった方は、読者登録、ツイッターでの拡散、ブックマークなどをして頂けると嬉しいです(╹◡╹)

Copyright © 2017 逢坂の雑記帳 All rights reserved.