道化の秘学帳

道化の秘学帳

主に都市伝説系

スポンサードリンク

伝説の妖刀、村正の凄さ

スポンサードリンク

伝説の妖刀村正とは




ラルト
「ねえ博士、村正ってなに?」



博士
「村正は、伊勢国桑名(現在の三重県桑名市)で活躍した刀工の名じゃ。

または、その作になる日本刀の名じゃ。

同銘で数代あるとみられるぞ。

別称は「千子村正」らしいぞ。」

村正の切れ味

村正作の一振と正宗作の一振を川に突き立ててみたところ、上流から流れてきた葉っぱが、まるで吸い込まれるかの如く村正に近づき、刃に触れた瞬間真っ二つに切れた。

一方正宗には、どんなに葉っぱが流れてきても決して近寄ることはなかったという。

刀匠の年代が全く違うものの、この二振の違いを表す有名な逸話である。

徳川縁者を斬りまくる

徳川家康の祖父・松平清康が殺害されたときの刀が村正。

父・広忠が岩松八弥に襲われたときの刀も村正。

嫡男・信康が死罪になり介錯に使われた刀も村正。

妻・築山御前を小藪村で野中重政が殺害して斬った刀も村正。

関ヶ原の戦いの際、家康が怪我をした槍も村正。

大阪の陣において真田幸村が徳川本陣を急襲した際、家康に投げつけた短刀も村正

家康だけでなく幕府も呪う

慶安年間に由井正雪のクーデター計画が発覚した際、正雪が所持していたのも村正。

幕末、西郷隆盛をはじめ倒幕派の志士の多くが佩刀していたのもまた村正。

数値化できない切れ味

戦前、東北大学の物理学教授で金属工学の第一人者として知られていた本多光太郎が、試料を引き切る時の摩擦から刃物の切味を数値化する測定器を造ってみたところ、 皆が面白がって古今の名刀を研究室に持ち込んだ。

測定器の性能は概ね期待した通りだったが、なぜか村正だけが測定するたびに数値が揺れて一定しなかった。

他の刀とは違う痛み

「村正を研いでいると裂手(刀身を握るための布)がザクザク斬れる」「研いでいる最中、他の刀だと斬れて血がでてから気がつくが、村正の場合、ピリッとした他にはない痛みが走る」と刀剣研磨師も言っています。

あとがき

最後まで読んでいただきありがとうございます。m(._.)m

↓おすすめドメイン↓
お名前.com

にほんブログ村に登録しています。

クリックしていただくと、今後の励みになるので、よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事を気に入ってくださった方は、読者登録、SNSでの拡散、ブックマークなどをして頂けると嬉しいです。

Copyright © 2017 道化の秘学帳 All rights reserved.