とりメモ

時間と場所に縛られない生活

スポンサードリンク

なぜリボ払いを絶対にしてはいけないのか

皆さんはリボ払いを知っていますか?

リボ払いを設定してる方はすぐに解除した方が良いですよ。あれは、複利を用いた悪魔の制度だと僕は思いますから。

リボ払いについて

まずは、リボ払いの仕組みについて。

リボ払いは、毎月あらかじめ指定した一定額を返済してゆく方式である。回数指定の分割払いが各々の件に個別に指定するものであるのに対し、リボ払いでは各々の件に対してではなく残高全体について毎月返済することによって合計残高を減らしてゆく。「リボルビング」の原型動詞 "revolve" は「回転する」意味があるため、回転信用とも呼ばれる。

一見お得なところが落とし穴

リボ払いは、毎月一定額支払い続けるものです。つまり、どれだけクレジットカードを使ったとしても、仮に限度額いっぱいクレジットカードを使い切ったとしても、リボ払いで支払えば支払額は数千円です。

しかし、「お得じゃん!」と感じた人は危険です。この一見お得な要素が、リボ払い地獄の入り口なのです。


ポイントプログラムなどでリボ払いを誘うことも

リボ払いのたちが悪い特徴の一つに「クレジットカードによってはリボ払いでポイントが貯まる」など、特典を用意していることが挙げられます。

リボ払いで商品を買ったらポイント◯倍だぜ!みたいなやつです。この特典により、リボ払いがお得に見えてしまうのです。

特典に誘われてリボ払いを選んでしまう人も多いですが、特典に惑わされないようにせねばなりません。

特に楽天カードはポイントがたまると宣伝して、自動リボ払いに勧誘していますが、リボ払いの設定は絶対に解除しましょう。後で地獄をみますよ。

リボ払いのやばいところ

もっと具体的に、リボ払いのやばいところを挙げていきましょう。

いくら使っても「支払額は一定」

リボ払いの最大の特徴、「支払額が一定」なのもヤバいところです。

リボ払いで支払うお金の15%ほどの金利で手数料がとられて、手数料をひいたお金が元金の支払いにあてられます。

つまり、本来払わなくていいお金をかなり払うことになります。そして、残高も減っていかないのです。

あと、個人的に15%は詐◯だと思います。

これはキャッシングの返済を毎月定額で行うのと同じです。

この金利で支払う手数料ですが、呼び方が違うだけでこれは、キャッシングを利用した時支払う「利息」と何も変わりません。

リボ払いで支払いを行うのは、カードローンで借り入れたお金の返済を行うのとよく似ています。

リボ払いの支払いは続き、手数料はとられ続けて、一定のやすい金額をクレジットカード会社に支払い続けます。

これによって、リボ払いから足を洗うのが難しくなるのです。蟻地獄みたいですね。

カードを使うほど残高は上がる

当然ですが、クレジットカードは利用限度額まで何度でも使えます。そしてリボ払いの残高が終わるまで、永遠にリボ払いの支払いは終わりません。

そしてリボ払い期間中にクレジットカードを使うと、残高は回復して、リボ払い期間が伸びます。

永遠に終わらないリボ払い…

「地獄」と表されるリボ払いのやばさ

リボ払いは、クレジットカードを持っている人から「地獄」と言われます。

一度入ったら抜け出せない、残高がずっと減らない…などがその要因です。

一度使ってしまうと足を洗うのが難しいのは、こちらも地獄と言われる「借金地獄」と似ています。

少額だとなかなか元金が減らない

リバ払いの最大の特徴は、返済額が優先して利息に充てられる点です。

そうすることで、借入残高(元金)がなかなか減らない状態に陥ります。

利息は毎月計算されるため、なかなか現金が減らないと毎月多くの利息があらためて計算されることになります。

これが長い間に及んでしまうと、最終的な返済額がやばいことになりかねません。

30万円をリボ払いした例

具体的に、30万円のクレジットカード残高をリボ払いで支払った例を調べていきましょう。

30万円をリボ払いで支払うとなると、支払回数は66回となり、支払期間はなんと5年と6ヶ月にもなります。

一度に支払う金額は「13,000円」にもなり、このうち利息は3,738円です。

残高が減るごとに支払う利息も減っていきますが、15%で支払い続ける手数料は単純に損です。

リボ払いを続けていると、最終的に支払う利息の総額は94,216円にもなります。

30万円分クレジットカードを使ったとしても、その後手数料として10万円近いお金を無駄に支払うことになってしまいます。

✓借入額 × 金利 ÷ 365 × 借入日数 = 利息
借入額を10万円、金利を18.0%、借入日数(返済までかかる日数)を30日とした場合、以下のような計算になる。

100000×0.18÷365×30=1479.45

小数点以下は切り捨てになるため、支払う利息は1479円。

クレジットカードを申し込むときは支払い方法に注意

クレジットカードによくあることなのですが、クレジットカードは申し込み時に「基本設定がリボ払い」であることが多いです。

キャッシングではなく、ショッピングの請求がリボ払いに標準で設定されています。

必ず申し込み時には、契約内容を確認しておくようにしましょう。

クレジットカードならリボ払いを解除できる

クレジットカードは必ずしもリボ払いでなければいけない、ということはないです。

設定さえ変えればリボ払いではなく、一括払いを選択可能です。

設定方法はクレジットカードごとに違い、インターネットでできる場合もあれば電話をしなければならない場合もあります。

リボ払いを利用してしまったら

もし、リボ払いを利用してしまった場合に取るべき対策を載せておきます。

返済シミュレーションを立てる

まずは、シミュレーションをきちんと立て、毎月返済できる金額と完了するまでどれくらいの期間がかかるのかという事を算出することです。

金利が低いところへ切り替える

既に毎月の返済額が苦しいから、ローンの長期化を覚悟してでも返済金額を減らしたい、あわよくば低金利化して欲しいという人は、重点を置くところは月々の返済金額の緩和をしましょう。

多くの人が勘違いをしているのが、借り換えを行い低金利になり毎月の返済金額が減るのは、低金利化によって減ったものと考えることです。

例えば、30万円を36回払いで返済したとします。

15%なら月々の返済額は、10,400円ですが、12%なら、9,964円の支払いになります。

3%も低金利になったのに同じ返済回数で考えると、月々、わずか406円しか返済金額に差がないのにも関わらず、月々5,000円~10,000円の返済額が低くなるということは有り得ない話です。

見た目の金利は数%ほど低くなりましたが、返済額が大きく下がるということになります。

返済のカギは繰越返済

利息をなるべく少なく、お得に返済するための方法は、基本的に繰越返済以外にはありません。

リボ払いの最低返済額だけではなく、無理のない範囲で返済に充てられる金額を追加返済していきましょう。

金利分お得になりますから!

元金と返済日数にあわせて利息も減り、経済的だけではなく精神衛生的にも健全になります。

正直、株とかFXとかやるよりも、借金の返済に当てれば、必ず金利分のプラスが生じるので、借金を抱えている方はできるだけ早く、堅実に返しましょう。

まとめ

リボ払いは一見、経済的弱者を救う制度に見えるが、実際は違います。資本主義社会においては、お金を持たないものは持っていないものまで奪われるのです。

個人的には、リボ払いの制度を作った人間は悪魔かなと思います。

ここまでアインシュタインの真逆をやるとは。

メリットよりデメリットを重要視すべきでしょう。

結論。リボ払いだけは絶対にしてはいけません。

金持ち父さん貧乏父さん

金持ち父さん貧乏父さん

  • 作者: ロバートキヨサキ,シャロン・レクター(公認会計士),白根美保子
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2000/11/09
  • メディア: 単行本
  • 購入: 71人 クリック: 1,223回
  • この商品を含むブログ (527件) を見る

スポンサードリンク