虎狛星

節約4割と投資3割と起業3割

スポンサードリンク

これからの時代に強い副業サラリーマン

あくまで個人的な考えだけど、会社員×副業が最強だと思ってる。近頃は、フリーランスという働き方が社会的に理解され始めてきた。しかしながら、やはり会社員として安定した身分と収入を得ていることは、社会的ステータスだと僕は思う。
(決してフリーランスが駄目というわけではない)
フリーランスについてはこっちで書いているので是非読んでほしい。

会社員×副業のメリット

会社員×副業の何がいいかって、キャリア形成もしつつ、収入源を増やしている点だ。会社に長年居座ることで年収があがっていくし、副業で収入源を増やすことで、全体収益の増加とリスク分散にスキルアップが見込める。

特に今の日本では
「大手企業であろうがいつ倒産してもおかしくないぞ?」
「終身雇用制度は崩壊しているのだ!」
と言われている。

その真偽は置いておいて、会社員×副業の人は万が一会社が倒産しても副業がある分少し安心できる。(安直な考え)

社会的信用

会社員は社会的な信用がある。何してるのこの人?っていうより会社員の方が銀行もお金を貸してくれると思う。クレジットカードの審査にも比較的通りやすいだろう。親や親戚からも安心されるだろう。

お金を貰いながら休職できる

ケガや病気などで会社を休職しなければならないときに、会社に行かなくても給料の2/3を毎月いただけるという制度がある。企業によっては3年間、80%の日給を保障しているところさえある。自分の会社の制度を確認してみよう。

そしてこれ、産業医の診断さえあれば鬱病でも利用可能だそうだ。無職やフリーターだったら働かなければ収入はゼロだが、会社に所属しながら給料を貰ってニート体験ができるというのは良い制度だと僕は思う。

福利厚生

あと、福利厚生が挙げられる。福利厚生には、健康保険に健康診断、退職金、育児休暇、介護休暇等などがある。しかし、当然ながら自営業ではこれらの福利厚生を受けることはできない。手厚い福利厚生を受けられるのも会社員のメリットだと僕は思う。

これは個人的なアレですけど、会社員の安定した収入があるとメンタルが多少楽になると思う。

メンタルがやられると、

こんな記事を書いてしまう。

会社の設備を自由に使える

無職、自営業は経費は全て自腹だ。しかし、オフィスに勤めていれば、パソコンの電気代、コピー代、通信代、備品、空調代を払わなくて済むのである。会社員の方々は会社の設備を使い倒そう。

これからの時代

しかしだ。これからは会社がいつ倒産してもおかしくないように、会社員の人も1人で生きていくスキルを磨く必要があると思う。個人的には、英語やプログラミングのスキルが必要になってくるのではないかと思っている。

オバマ前大統領も、「全てのアメリカ国民はプログラミングを学べ」って言っていた。最近では経営者もプログラミングスクールに通っているそう。

最近では、TECH::EXPERT
が有名になってきた。僕も転職するしないに関わらず、スキルを身につけるために受講してみようかと思う。



IT企業に勤める人がツイッターで言ってたけど、未経験だとブラック企業に就職する可能性が高いらしい。でも割と名の通った企業に就職してるのは凄いと思う。

僕的には、プログラマーとして就職するまではいかずとも、フリーランスで一人で生きていける程度のプログラミングスキルは身につけておきたいかなと思っている。

注意事項

会社員の方々は副業を始める前に、会社の就業規則の確認をしておこう。

副業が就業規則などで禁止されている場合は、勝手に行えば処分の対象となることがあるそう。(怖い〜)

許可されている企業でも、届け出をする必要があったり、条件が決められていたりという場合もあるそうだ。

特に就業規則では言及されていなくても、あとでトラブルにならないよう、念のため上司や人事部に確認をしておいた方が良いと思う。

まとめ

安定した収入を持ちつつ、高収入を得ている副業サラリーマンは強いと思う。そして、これからの時代のため、副業の選択肢を広げるためにも、プログラミングスキルを磨くのはありだろう。これからの時代に負けないサラリーマンになりましょうぜ。

スポンサードリンク