道化の秘学帳

道化の秘学帳

都市伝説とか心理学とか宇宙とか

スポンサードリンク

TOEICは就職に役立つの???

スポンサードリンク

はじめに

みなさんどうもこんにちは。

今回はTOEICについて書いていきます。

他にも都市伝説の記事も書いております。

ぜひご一読ください。

TOEICとは


国際コミュニケーション英語能力テスト、通称TOEICとは、英語を母語としない者を対象とした、英語によるコミュニケーション能力を検定するための試験である。

試験の開発、運営、試験結果の評価は、アメリカ合衆国の非営利団体である教育試験サービスが行っている。

また、ETSはTOEFLも主催している。

約7割の企業が、採用時にTOEIC L&Rスコアをチェック

エントリーシートのTOEIC L&Rスコア記入欄。

空欄で出すことに、不安を感じている方も多いのでは!?

上場企業を対象にして実施した調査では、採用時にTOEIC L&Rスコアを参考にしている企業は、69.3%。

グローバル化に対応するため、業務で英語を使用する企業も増えており、新入社員にも英語力を求めています。

スコアがあれば、履歴書の資格欄に記入することも可能。

エントリーシートや履歴書の空欄をなくすためにも、まずはTOEIC L&Rを受験して、スコアを取得しよう!

配属決定時や昇進・昇格時もTOEIC L&Rスコアが影響している!

実はTOEIC L&Rスコアが影響するのは、採用時だけではありません。

業務で英語を使用している企業のうち、TOEIC L&Rスコアを入社後に配属先決定の参考にしている企業は約60%。

さらに、昇進・昇格の要件としている企業は15.8%。

将来的に要件化を考えている企業も、約半数を占めています。

希望の部署に就くことや昇進・昇格を考えるなら、TOEIC L&Rスコアは必須なのです。

学生のうちから英語力を身につけ、就職後もレベルアップしていけば、社会人として活躍できるチャンスも広がるはず!

TOEICで何点取れば就活で有利?

TOEICスコアを就活で履歴書やエントリーシートに書く場合、何点以上取れば新卒の就職活動で有利になるのでしょうか。

他の学生と差をつけられるかどうかは大学のレベルによって異なるので、ここでは参考として首都圏の大学レベルごとに説明します。

一般的な学生レベル

留学経験なし、英語を長所として売りにいくつもりがない一般的な学生であれば、600点取得していると高評価を頂けます。

というのも、多くの企業で昇進要件にしている最低の水準が600点だからです。

そのため、就活で少しでも有利になる何かが欲しいということであれば、とりあえず600点を目指しましょう。

留学経験がある方や外国語系の学科などで英語をアピールポイントの1つにしたい場合は、700点以上あると望ましいです。

もし留学経験があるのにTOEICスコアを取得できていない場合は、英語以外で留学中に学んだことをアピールすることが必要となります。

マーチ(MARCH)レベル

こちらも600点以上あれば評価の対象になります。

しかし、MARCHレベルの大学に入学できる学生なら600点くらい取れて当然、という考えからあまり高評価に繋がらない場合もあります。

高評価を狙うなら700点以上を目指しましょう。

留学経験者であれば700点は必須だと言えます。

※MARCH…明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学の略称。

早慶レベル

600点以上から一応評価の対象にはなりますが、600点台では周りの学生と差をつけることはほとんどできないと考えて良いでしょう。

700点以上の学生もたくさんいるので、800点を取ってようやく英語をアピールポイントの1つにできるというところです。

早慶レベルの学生に人気がある総合商社や外資系金融、外資系コンサルティング企業等を受ける場合は、最低730点は取っておくべきと言われています。

TOEIC730未満でこういった企業に内定をもらう学生もいますが、何か別の大きな強みがある場合が多いです。

東大・一橋・東工大レベル

600点台であればむしろ書かない方が良いと思います。

700点以上で評価され、800点でやっと英語が得意という評価になります。

学校名で学力の高さを証明できているので、TOEIC対策をする時間がなく700点以上を取れる自信がなければTOEICを受けないという作戦も検討しましょう。

もしこれらの大学の学生でTOEICスコアが無かったりあまり高くない場合は、「(他に力を入れていたことがあったため)英語はこれまで勉強していなかったが、御社への入社が決まったら勉強するつもりだ」といった前向きな説明をすれば、信じてもらえるはずです。

以上が学歴レベル別の目指すべき点数です。

TOEICについてのつぶやき

最後に

最後まで読んでいただきありがとうございます。m(._.)m

↓おすすめドメイン↓
お名前.com

にほんブログ村に登録しています。

クリックしていただくと、今後の励みになるので、よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


この記事を気に入ってくださった方は、読者登録、SNSでの拡散、ブックマークなどをして頂けると嬉しいです。

Copyright © 2017 道化の秘学帳 All rights reserved.