道化の秘学帳

道化の秘学帳

都市伝説とか心理学とか宇宙とか

スポンサードリンク

UFOは実在するのか?

スポンサードリンク

はじめに

みなさんどうもこんにちは。

今回はUFOについて書いていきます。

他にも都市伝説の記事も書いております。

ぜひご一読ください。

UFOとは


未確認飛行物体は、その名の通り、何であるか確認されていない飛行する物体のこと。

その正体は航空機など既知の人工物体、遠方のサーチライトや自然物の誤認も含まれうるが、略称のUFOは「エイリアンクラフト」という意味で使われることが多い。

UFOは実在するのか?

宇宙は広大無辺で、果てなどありません。

宇宙の構造がどうなっているのさえ、われわれ人類は何も知りません。

われわれの知らない物理の法則が他の宇宙に存在して、人間の五感が実感できない世界が広がっていることは最近の科学でも明らかになりつつあります。

シャトルが宇宙へ行ったと言いますが、地球からほんの400kmくらいに到達しているだけです。

無限の宇宙からすれば、はたして本当に宇宙と呼べるのかどうか。

イギリスやフランスの国家は未確認飛行物体、いわゆるUFOの情報をようやく公開することになりました。

その中には、科学ではとうてい説明できない現象が少なくないのが事実です

また、宇宙飛行士やNASAの科学者などが地球外文明の存在を公言していることからも、われわれがこの宇宙で孤独な存在というのはナンセンスもいいところです。

こうした現状で、もっとも宇宙を知っているNASAがUFOに関して完全にノーコメントというのは、不可解きわまります。

そして、日本はUFOの研究、情報公開に関しては非常に遅れています。

UFOについての政府の見解

「UFO(未確認飛行物体)の存在は確認したことはない」。政府は、未確認飛行物体に関する質問主意書に対する答弁書を27日朝の閣議で決定しました。

未確認飛行物体に関する質問主意書は、立憲民主党の逢坂衆議院議員が提出したものです。

去年12月にアメリカの雑誌が「国防総省が調査したUFOの一つはオーロラを放ちながら回転し、高速で飛んでいた」などと報じたことを指摘し、「政府は地球外から飛来してきたと思われる未確認飛行物体の存在を確認したことはあるか」とただしました。

閣議決定した答弁書では、「存在を確認したことはない」と否定したうえで、UFOが飛来した場合の対応についても「特段の検討を行っていない」としています。

エリア51とUFO

エリア51にまつわる陰謀論の中でも、特に度肝を抜くものは、2011年にアニー・ジェイコブセンという人物によって書かれたエリア51の歴史に関する本だろう。

彼女によると、エリア51は1947年のロズウェル事件で墜落したUFOに関する情報をアメリカが隠蔽する為の施設だという。

そのUFOはソビエト連邦の作り上げた物で、それを操縦するのはソビエト連邦の遺伝子組み換え技術で生み出された宇宙人のような見た目の子供であるという。

彼女は宇宙人の存在は信じていないが、ソビエト連邦では人体実験で宇宙人みたいな外見をした特殊能力を持つ子供が生み出されていると信じているのだ。

UFOについてのつぶやき


まとめ

最後に

最後まで読んでいただきありがとうございます。m(._.)m

↓おすすめドメイン↓
お名前.com

にほんブログ村に登録しています。

クリックしていただくと、今後の励みになるので、よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


この記事を気に入ってくださった方は、読者登録、SNSでの拡散、ブックマークなどをして頂けると嬉しいです。

Copyright © 2017 道化の秘学帳 All rights reserved.